自分の車の査定額をアップ

ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、即決で売却しても良いんだという意志を思いっきりアピールすることでしょう。
ついでだから査定してもらうけども売るのはもっと先になるだろうという人よりも、価格が折り合えば本日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。
即決する可能性があるとわかると、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。

立とえ自動車ローンが残っていようと全く車の売却ができないということはありません。
ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるときだけですから、実際には難しいかも知れません。
車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、残りの債務を返済しつくすまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。
ただ、ローン会社の許可さえあれば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んでその場で実車買取を受けるなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ突然の持ち込みでも対応してくれます。
その変り持ち込み査定という性質上、相場もわからなければ価格競争もありません。
仮に相場を無視した大幅な安値で買い取られても気づかない可能性が高くなります。
スピード重視ならそれもありかも知れませんが、本来は複数の業者に出張査定して貰い、多くの見積りをとるほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

実際に車を売りたいと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、何を一番に考えるかで変わってきます。
何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、楽な方はディーラーです。