日本自動車査定協会の取組ってどうでしょう

中古車の買い取りや下取りの時には、必ず査定をやります。査定イコール、売り手側から買い取りや下取りする時にフェアな見立てをするための処置であり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、プラス認められた段取りじゃないと良くないのです。とは言っても、消費者側からしますと、鑑定がどのように実施されているのかきちんと知らなかったり、キチンとした段取りで調査されているのかはなかなか認識することが難しいものです。そうはいっても値踏みというのは中古車の額面を決断するとても大切なプロセスなので、やり方や考えに種々のものがあれば社会の混乱の要因ともなってしまうわけです。

そんな騒ぎを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

日本自動車査定協会とは、キチンとした鑑定が浸透するように活動している機関であり、我々が信頼して鑑定に出すことができ、更に納得のいく結果になるような制度を構築する行いをしています。

分かりやすい内容的には、例えば健全な査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会が実施する学科や技能研修を受けて頂き、その後査定士技能検定試験という試験に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が付与されます。更に査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした知識や責務をもって消費者のくるまの審査を行います。つまり適正な査定を行う為の資格を有している者が評定を行いますので、お客さんも悩まずに下取りや買取に愛車を提出することが出来るわけなのです。