改めて中古車査定のサービスの流れのことを考えてみた

マイカーの引受けを使用するのだとすれば、そのサービスの主な流れを把握しておくことで、カンタンに使用することが可能です。一番目に、引取りを行っていただく前にお車を見積もりして頂く必要性があり、その評価をしていただくためには査定の申し込みをするところからスタートします。

見積もりはそのまま地域の買取ショップに持ち込んでも、そのほか見に来てもらうことも不可能じゃないですから、前触れなく買取店へお車を持ち込んで査定をして下さいと頼んでもみてもらうことすることはできます。だとしても、突然訪れた際、値踏み出来る人が暇な時間であるとの約束は出来かねるので、かなり時間がかかってしまう場合もありますので注意してください。それと、買い取り専門店にてじかに評価を受けるのは、よっぽどマーケットにくわしくないと逆に不利になりますので、できることなら出張値踏みをしていただく方が無難です。

審査のオーダーをすると査定がスタートとなるのですが、評定それ自体は30分とかからずにフィニッシュです。エンジンをバラして細かいところまで査定する訳ではありませんので、チラッと見える範囲で問題がないかという評価をする程度ですから、たいして時間はかかりません。

評定が完了したら、その先金額交渉に入るのですがココがなんたって重要な所で、こうしたサービスを利用した経験ゼロという方ならココでもうお車の値段を教えてくれるとばかり思ってしまいますが、ショップとしてもできるだけ安値で買いたいわけですから、はじめて言われる見積額は最終的な価格よりもかなり低く設定されているケースが少なくありません。こちらを知らなければ、安く売り払うことになるおそれがあるため覚えておいてください。

話し合い後、買い取り額に手を打つことができたら必要となる書面のやり取りをしてクルマを引き渡し、代金を受け取るとユーズドカー買い取りの流れはおしまいとなります。