改めて「車の買い取りとリサイクル料金」のいろいろ

自分のくるまのを売り払う際の進め方といえば買い取りと下取りというのがございます。下取りのケースは新しい自家用車をゲットする際、前の中古車を買い取って頂くというものです。たいがいは新車販売店が引き受けをおこなうのでプライスはどちらかというと低めに見られることが多いです。

一方で買い取りの方はクルマ買取専門店がするもので、中古の車として販売する事を前提として引き受けの金額を決めるため、割と高プライスでの引き取りが望めるでしょう。どちらにしても中古車を引き受けてもらうことであり、、売る前に買い取り金額を決定するための見積もりがされることとなります。

鑑定を依頼するさいに気になるのが「リサイクル料」です。愛車審査で提示される価格としてはくるまそのものの値段、ユースドカーに附随する自賠責保険とかリサイクル料等々含めた値段の二種類がございます。リサイクル料については愛車を入手した時、もしくはリサイクル料が未納だったケースでは車検の場合に支払われるもので、先々所有車を廃車にして処分するケースで必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする時の代金ということで使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する場合JARSから払われるということとなります。

代金はだいたい、軽自動車で8000円くらい、国産車であれば10000円程、外車等であれば15000円くらい、それとは別に2万円程度を納める必要性が御座います。多くの中古車引き取りですと、これらのリサイクルの代金を所有車の引取り金額とは別ということで引受けされるというような事となりますが、リサイクル料金を含んで買い取り額であるという場合もあり、引取りを希望という時にはあらかじめ確認しておくのが大切な事となります。