古い車を売却する時の手段の事を、このページで詳しく把握していきましょう

中古車を売り払う場合の手続きというと下取りと買取りの2つが一般的ですね。下取のケースというのは次のくるまをゲットする代わりにこれまでお乗りのマイカーを買取してもらうというものです。主としては取扱店が引取りをすることになるので買い取り金額のほうはどちらかというと低目になる場合が多いです。

他方、買い取りの場合には自動車買取専門ショップがするもので、中古の車として店頭に並べることを予定して買上プライスを決めるので、どっちかというと高プライスの買上が望めるでしょう。いずれにしろ中古車を買取してもらうことであり、売る前に買取額を決定するための見積りがおこなわれます。

見たてをして頂く際に気になるのはリサイクル料になります。マイカーの評価で出してもらう金額としてはその自動車そのもののお値段、自分のクルマのについてくる自賠責保険とかリサイクル料などをプラスした金額の二種類が存在します。リサイクル料は中古の車をゲットしたさい、もしくは「リサイクル料」が未納だった場合ですと車検を通した際に支払いとなりますので、この先使っていた自動車を廃車として処分する際に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするさいの費用という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

その時のコストはおおよそ、軽であれば8千円くらい、普通車で1万円程、外国製自動車等で1万5千円ほど、それ以外で約2万円ほどを入金する必要があったりします。たいていの使用していた自動車買上の場合、こうした「リサイクル料」を使用していた車の引き受け値段とは別個で買取られるという事になるんですが、リサイクルの代金を含んで引き受け値段であるというケースもあり、引き受けを依頼する時にはチェックしておくことが肝心です。