例の中古車査定と事故車について思うこと

古い愛車売却をお願いしたさいは、まず最初に鑑定を受けることになります。その時の値踏みの方はお店のの方が行うわけですが、オークションマーケットの相場などから算出されることとなります。

通常、中古車として売りに出されている額の20~30%位が買取額となっていますが、売れ筋の車であったり、珍しいくるまである等の時には高プライスが出る場合もあるみたいです。ほかにも、製造年は新しいほど高く売れます。ただし、こうした買取金額はその自動車が完全な状態の場合であって、パーフェクトじゃない時には査定は厳しくなります。なかでも事故歴などは見積金額に大きく関係します。

事故歴とは言っても定義が曖昧ですが、とりあえず車の基礎であるフレームの部分まで及ぶようなアクシデントをしてしまったお車は事故車という事になります。この修復歴のあるくるまはそのうち何かしらの被害が出てしまう危険性が有るため、査定については駄目なものとなってしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響がなく、外装を修繕したぐらいであればならないですが、修理歴としては付いてしまいます。

モチロン修理歴が付くわけなのでマイナスの被害は有るわけですが、事故車より低い査定となることは無いです。あと、エンジンや変速機などにトラブルが出ている時にもマイナスに鑑定されますし、常日頃からの点検整備の状態が見積もりに関わってきます。

その辺はシロウトにはちんぷんかんぷんですが、見積もりをする買取ショップの方ではシッカリ状況をチェックしてきます。

どちらの場合でも修復歴はないということがマイカー買取額が上昇させることができるか否かの分かれ目となってきます。