今日は車買取の「事故歴と修復歴」ってどうでしょう

古い愛車売却を頼んだ際は、まずは査定を受ける事となります。その値踏みについてはお店のの方がするわけですが、車市場の金額などから値段がはじき出されることになります。

普通は中古のクルマとして売られている値段の2、3割程度が売却額となっていますが、定評のあるクルマだったり、珍しい車種である等の時には高プライスがつく場合もあるでしょう。また、年式は新しい方がやっぱり高く売却できます。一方、そういった査定額はそのマイカーが万全な状態の時であって、万全ではないときには低い査定となります。なかでも修理の跡などは買取の値段に相当響きます。

事故の跡とは言っても定義はあいまいですが、基本的にクルマの基礎となるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを経験したお車は事故車という事となります。この事故歴のある車は将来的に何か被害が出てしまうという危うさがあるため、買取の値段に於いてはマイナスになってしまいます。一方で、フレームの部分にまで影響が無く、外見を修理したぐらいなら大丈夫なのですが、しかし修復歴はつきます。

モチロン修復歴が付くわけですから負の害は有るものですが、事故車に比べ低く値踏みされることは無いです。ほかにも、エンジンなどにアクシデントが出ている時もマイナスとして審査されますし、普段の手入れの良し悪しが査定に影響してきます。

この辺りは私達には気づかない所ですが、査定をおこなっている買取専業店はシッカリその辺りもチェックしてきます。

どちらにしても修復歴は無いことがユースドカー見積価格がアップできるか否かの分かれ目となってきます。