今日は中古車査定と事故車について思うこと

古い自分のくるまの譲渡をお願いした際は、初めに鑑定を受けることになります。その値踏みは買い取りの専業店の方がおこなう訳ですが、車市場の値段等から算出されることになります。

一般的に古いクルマとして売られている値段の2~3割位が売却価格となっているようですが、人気クルマだったり、珍しいくるまであったりする時には高い見積金額がつくケースもあるみたいです。その他、製造年が新しい方が高い査定となります。ただ、こういった買取金額はくるまが完全な状態のケースであり、そうではないときはマイナスに査定されます。中でも修復の跡等は見積にとても関係してきます。

修理歴というのも定義があいまいですが、基本的にはくるまの骨格であるフレームにまで駄目になっているような事故を起こしてしまったクルマは事故車という事になります。そのような修復歴のあるクルマはいつか何か悪影響が出現する危うさがあるため、買取プライスでは駄目なものとなってしまいます。一方、フレームの方には影響が及ばず、外装を手直しした位なら問題ないのですが、ですが修復歴がつくことになります。

もちろん修理歴がついてしまう訳なので良くない影響がある訳ですが、事故車より低く値踏みされることは考えられません。そのほか、エンジンやギアなどに面倒が起きているときもマイナスとして見られますし、日頃のメンテナンスの状況がプライスに影響してきます。

その辺りは我々にはわからないところですが、見積もりをおこなう買取専業店の方ではしっかりとその部分も確認してくるでしょう。

どちらにしても修理歴がないということが古くなった車の見積価格を上げることができるかどうかのポイントとなってきます。