今回は車の買い取りとリサイクル料金のことを考えてみた

お車を売り払うときのやり方というと買い取り、そして下取りの2つが有ります。下取の場合というのは次の所有車を買うかわり、これまでの自分のクルマのを買取して貰うというものです。だいたいは新車の販売会社が引き取りをすることになるため買い取り額のほうはどちらかというと低めに見られがちです。

一方、買取りの方はクルマ買取専業店がやっており、中古車として売る事を前提に引受け値段を決めるので、どちらかというと高値での引受けが期待できます。いずれにしろマイカーを売却することであり、売却する前に引き取り価格を決めるための査定がされることとなります。

見積もりをおこなう場合に気になるのは「リサイクル料」です。中古車審査で出される金額としては中古車それ自体の額、自分のくるまのに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等々含んだ値段の2つの種類が有ります。リサイクル料についてはくるまを手に入れたさい、もしくはリサイクル料が未払いだった時には車検のさいに支払われるもので、将来、自家用車を廃車にして解体する時必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする為の費用となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する場合にJARSから支払されるということになります。

代金はだいたい、軽だと8000円程、国産車の場合で10000円程、輸入車とかで15000円ほど、それ以外で20000円ほどを入金する必要性が有ります。大概の中古車引き受けの場合、そういったリサイクル料を自分のくるまのの引取り値段とは別ということで引き取られるということとなる訳ですが、リサイクルの料金をいれて審査の値段であるというケースも有り、買い取りを依頼する時は前もって確認しておくのが大切なこととなります。