ユーズドカーを売りはらう場合の進め方の関連で、当ページできちんと確認しておきましょう

中古の車を売り払うさいのやり方といえば買い取りと下取りのどちらかが御座います。下取りのケースというのは新しい自分の車のを入手すると一緒に今まで乗っていた使用した自動車を買い上げてもらうというものです。たいがいは新車の販売店が引受けをおこなうため値段としてはどちらかというと低めになりやすいです。

一方、買取りのケースはユーズドカー買い取り専業店がやっており、不要車という名目で店頭に陳列することを前提に引き受けプライスを決めるため、意外と高値での引き受けが期待できるでしょう。どっちにしても使用ずみの自動車を引き受けてもらうことであり、引き取ってもらう前に買上げ価格を決定するための見積りがおこなわれることとなります。

見積りをして貰う場合に気になるのが「リサイクル料」です。使った自動車の格付けで提示される値段というのはマイカーそのもののプライス、ユーズドカーに附随するリサイクル料とか自賠責保険等含めたプライスの2つの種類があります。リサイクル料についてはその使った車を買ったさい、もしくはリサイクル料が未納のときには車検を受けたケースで支払いとなりますので、将来的に使用した自動車を廃車として壊してしまう場合に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするときの代金となって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する場合自動車リサイクルシステムから支払されるということになります。

代金はだいたい、軽なら8000円くらい、普通車だと約1万円、外国の車等だと1万5千円位、その他で約2万円ほどを納める必要が御座います。多くの使用していた車買上げだと、こうしたリサイクル料金を自動車の買受額とは他として引き取りされるというようなこととなるワケですが、リサイクルの代金を含めて買取り金額となってるケースもあり、見積もりを依頼する場合にあらかじめ確認しておくことが必要です。