マイカーを売りはらうときの手続きのことを、ここらでできる限り見ておきましょう

中古車を売りはらう際の手立てといえば買い取りと下取りのどちらかがありますね。下取りの場合は次の自分のくるまのを買うかわり、これ迄乗っていた古い車を買い取りしてもらうというものです。だいたい新車の販売店が引取りをおこなうので価格のほうはやや低めになりがちです。

他方、買取のほうは車買取り専門の業者が行っており、中古自動車という名目で店頭に出すことを予定して引き受けの額を決めるので、意外と高値での買い受けが望めます。何れにしろユーズドカーを買い取ってもらうことであり、売る前に買取りプライスを決定するための品さだめがおこなわれます。

品評をお願いするケースで気になるのは「リサイクル料」です。使用していた自動車の品評で提示される額というのはそのくるま本体のお値段、自家用車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等加えた金額の2種類があります御座います。「リサイクル料」は使用ずみの自動車を購入した際、または「リサイクル料」が未納の場合ですと車検を通したケースで支払いとなるもので、将来的に使用済みの自動車を廃車にして解体処分する際に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルするときの代金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

コストはおおよそ、軽自動車だと8000円くらい、国産車であれば10000円位、外車の場合1.5万円位、そのほかで2万円くらいを納める必要があったりします。たいていの使用ずみの車買取りであれば、こういった「リサイクル料」を不要車の買取り金額とは別として買取られる事となりますが、リサイクルの代金をいれて引受け値段であるというケースも有り、引取りを依頼するケースでチェックしておくことが求められます。