ほら、クルマを売る時の査定について調べてみた

中古車の売買の時は、まず先に車の査定をします。その車と年代で、基となる状態でのプライスの目安を把握します。これに比べその上を行くほど状態がマイナスなら、査定金額を減額するといった工程でやられていきます。

標準状態のプライスについては買取業者側で基準となるデータを保有しています。これは業者間だけで流通しているもので、その金額は車の型式や年式によって示されています。なのですが、あくまでもこの数字は基本的な数字であって、それ以上の意味はないものです。それに加え、その価格より高額で買い取られたり、あるいは安く買い受けされたりするケースも間違いなく存在します。

買取ショップの方にしてみればなるべく安い金額で買取したいわけで、その店舗にもよりますが基準となる買取標準価格を提示したうえで、さらに低価格な方に行こうとしてきます。売りたい方の気持ちは少しでも高値で売渡したいので、この時の交渉としては、イッキに話を振るのがイイですよ。または、買い受けについての額面が合意できなかった場合などは一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。その上で別の買い取り専門店とやり取り進めていくわけです。

ここでもし額面的にさらに高値となって納得できたなら、先の業者とのやり取りは終了となっても特に問題ないです。言ってしまえば、売りたい方が満足できるようにネゴシエーションをしていけばOKなのです。最も避けなければならないのは、急ぎ足で値段を結論付けてしまい、後々残念な気持ちを残すことです。額面は徹底的に強気で話をした方が後悔しないでしょう。