ついにきた、中古車とオークションとのことだけどどうなんでしょう

古い車を手放す方法は、これまではディーラーでの下取、または中古車専門店への譲渡が一般的でした。長い付き合いのディーラーに下取ってもらい、目当ての車を買うという人がちょっと前までは多かったですが、ここ1~2年それを候補に入れるユーザーはごくわずかのようです。下取りが、一番トクしない可能性が周知されてしまったこととオークションに行くという目新しい方法が知られ始めているからです。

ユースドカーメインの「Auction」が開催されていて、ユースドカーの専門ショップや別のディーラーなどもそういった場所で売り買いをするのです。通常ですと入ることがムリですが、代行の業者を使うことによって、一般の方でもお持ちの車をAuctionで譲渡が不可能ではなくなりました。そして、もう一方の方法である中古車販売店への売却手続きとしては、最初に愛車を見積してもらい、望んだ金額を提示されたら交渉の成立というわけです。

中古車販売業者は、そのように買い取ったクルマをキレイに整備してお店で売却したり、オークションに出してみたりします。どういう方式を行うのかは人それぞれですが、何れを目的とするかによりベストな方法は変わります。何が何でもちょっとでも高プライスで売り渡したい、というのであるならば、競売代行専門業者に要請するのが一番高い金額で買取して貰える可能性が高いです。とはいえ心配せず売却したい、信用のおけるショップに買取してもらい、愛情をもって使ってくれる人に売って貰いたいという事だったら、ディーラーですとか古い車専門ショップの方が間違いないでしょう。

代行専門業者にお願いした場合、売れるまで保守代金を経費として考えなくてはならないので、売却に時間が必要な状態ならそれだけ高くなる恐れがあります。古い車専門ショップなら次の所有者が現れる前に売却額を貰うことが出来るという可能性があります。