ついでに中古車売却と残債の感想、所感

愛車の買取店に見積もり査定を頼んだものの、割賦払いを残したままである事もあるのではないでしょうか。このような時は、買い取って欲しい中古車の権利がアナタ自身なのかそれ以外の人なのかどうかについて始めに確認することが必要となります。

本当のところ、所有権はどの辺を確認したら分かるのかと言えば、車検証に記載されている氏名の方がクルマの持ち主という訳です。

くるまを買った時に銀行が提供している割賦払いを設定した場合は、こちらの車検証に記載されているお名前がご本人のお名前になっていますが、ローンを設定したのがクレジット会社などの際は氏名がそちらの名前になっております。信販系でローンを組む場合にどういう理由でこんな風に信販会社を持ち主として記載するのかというと、その答えとしては返済が滞った時に、速攻で車を差し押さえして確保するためです。

こういった事情により所有権がローン会社となっている際はその愛車を勝手に売却は出来ません。何が何でも手放したいならまずはローンを完全に返済するか分割払いの組み換えによって持ち主を自分の名前に変更した上で売る必要があります。しかし、実際にこんなことが可能なのが現在持っているキャッシュが豊富にある場合に限定されます。じゃあ資産が足りないならどのようにするのがいいのでしょうか。

そういった場合は、買取査定をして頂いた自動車買取専業店に相談すると、クルマの売却額から残りの返済分を賄い、持ち主を自分自身の名前に変更してもらうことが出来ます。手続きについてもすべて買い取り専門店にオマカセできますから心配ないです。