これは・・・中古自動車査定制度のことを考えてみた

所有車の下取・買取時は、初めに査定をすることでしょう。査定イコール、売り手側から買い取りや下取りする時にきっちりした鑑定をするための下調べであり、それにはいろんな方たちから納得され、その上受け入れられた手続きでないとまずいのです。とはいえ、こちら側からすれば、審査がどんな具合にやられているのか完全には知らなかったり、正当な段取りで作業されているのかは結構確認することができなかったりもするものです。そうはいっても値踏みというのはユースドカーの価格を決定する大変大事な過程ですから、やり方や考えに色々なものがあると社会がパニックとなる原因にもなる可能性があります。

そんな混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適切な審査が行われるように機能している機関であり、お客さんが信頼して査定に提出でき、そのうえで納得のいく結果となる制度作りの活動をしています。

具体的な内容的には、例を挙げるとちゃんとした査定士を育むためのテストを実行しており、査定協会がおこなっている学科や技法の研修というものを受けて、それから「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした基本的なことや決まり事をもって私たちの愛車の審査をするのです。つまり適正な見積のための資格を持つ者が鑑定を行いますので、ユーザーも安堵して買い取りまたは下取に持っていくことが出来るというわけです。