これが中古車の査定の感想、所感

愛車の売買の時は、まず先に車の査定をすることになります。車種と年式とで、基となる一定レベルでのプライスの理解をしておきます。これと比較しさらに実態が悪ければ、鑑定額をマイナスとするといった工程で行われていきます。

普通の状態での値段のことについては中古車ショップの方で基準となる金額というものを保管しています。こちらはお店同士のみで流通しているもので、その値段は車の種類と年代で示されています。しかしながら、あくまでこの額面は基準の数値であり、それだけの意味しかありません。加えて、その金額よりもより高く買取して頂けたり、あるいは安い価格で買いたたかれたりするケースも当然のように存在します。

お店の立場としては限界まで低価格で買い取りたいわけで、お店にもよりますが基準となる買い取り額を差し出したうえで、それ以上に低い金額の方へ行こうとしてきます。売る方としてはちょっとでも高値で売渡したいので、この時の交渉としては、一気に話を持っていくのがキーポイントとなります。もしくは、買い取りについての金額が合意できなかったのであれば見送りし、話は休止状態とします。そのあとほかの買取業者と調整をしていくわけです。

例えばここで金額が今まで以上に高値となり満足がいったなら、先の業者との商談は決裂でも気にしなくて良いです。つまり、売却する方が納得がいくように商談を進行させていけば良いという訳なのです。一番回避したいのは、あわただしく値段を結論付けてしまい、後になって後悔をすることです。値段についてはなんといっても強気でいく方が心残りはないでしょう。