お待ちかね、車買取、そしてリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

クルマを処分する際の仕方というと下取、そして買取があります。下取りの場合は次のマイカーを購入すると一緒に古いクルマを買い取ってもらうというものです。主として新車の販売店が買取をおこなうので買取金額のほうは割と低価格に見られがちです。

他方、買取りのほうは自動車買い取り専業店が行っており、ユーズドカーという名目で店頭に出すことを予定して買い取り金額を決めるため、どっちかというと高値での引取りが望めます。何れにしろ中古車を売却することであり、引き受けてもらう前に引き取り金額を決めるための審査がされることとなります。

査定をしてもらう場合に気に掛かるのが「リサイクル料」です。所有車審査で出してもらう値段としてはそのクルマ本体の金額、車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等を含めた金額の二つの種類がございます。リサイクル料については中古車を入手した場合、又は「リサイクル料」が払われてなかった時には車検のケースで支払われるもので、のちに所有車を廃車にして壊してしまう場合必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするさいの費用という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分するケースで自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

コストは大体、軽だと8000円くらい、国産車で1万円程、外車等であれば15000円くらい、その他で2万円くらいを入金する必要性があります。大半のクルマ引取りだと、そういったリサイクルの代金を自動車の引取り価格とは他のものとして買い取られるというような事になるワケですが、リサイクル代金を含めて引受値段としてるケースも有り、引き受けを依頼する時にまえもって確認しておくことが大切なこととなります。