あの車を売る時のローンの残りについて

車買取店に見積もり査定を頼んだものの、ローンが完済できていないという事も無くはないでしょう。こうした際は、売り払いたいマイカーの持ち主があなた自身なのか別の方なのかどうかについてまずチェックすることが必要です。

実際のところ、所有権は何を見ればいいのかと言えば、車検証に記載されている氏名の方がマイカーのオーナーとなります。

お車を買った際に銀行等が提供する割賦払いを組まれたケースでは、こちらの「車検証」に記載のあるお名前が自分のお名前となっているのですが、割賦払いを組んだのがクレジット会社だった場合はお名前がクレジット会社の名前になるはずです。信販系でローンを組む場合に何故こんな風にクレジット会社を所有者として記載しているかと言えば、その理由は返済が滞納したりしたら、すぐに自動車を担保として確保できるようにするためです。

そうした理由で持ち主名義がローン会社となっている場合はその自動車を自分の好きに売ってしまう事は出来ません。それであっても売却したいのであればまずローンを全て完済するか割賦契約の組み換えによって所有権をご自身に変えてから売り払うことが求められます。そうはいっても実際問題こういったことができるのは今現在持っているお金が沢山ある場合に限定されます。だったら資産が足りない時はどうしたらいいのでしょうか。

こんなケースでは買取査定をやってもらったお車買取り業者にご相談いただけると、所有車の買取価格から残債分をまかない、所有者をあなたの名前に変更して貰うことが可能です。手続きの方も全てを買い取りのお店に任せられるので安心です。