あの日本自動車査定協会という機関のこと

車の下取・買取時は、まずは査定をしてもらう事でしょう。この査定とは、消費者から買い取り・下取時にまともな見立てをするための処置であり、それをするためにはいろんな方たちから了承され、プラス認められた仕方じゃないとまずいのです。ただし、消費者側からしますと、審査がどうやって行われているのか完全には把握していなかったり、キチンとした進め方で実施されているのかはどうにも認識することが困難なものです。そうだとしても見積の方はお車のバリューを決めてしまう大変大切な工程ですから、考えややり方に色々なものがあると社会が混乱する要因にもなるわけです。

そのようなパニックを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」は、厳正な審査が根を下ろすように活動している団体であり、我々が信頼して査定に提出でき、そして納得のいく結果になるような制度を構築する行いをしています。

分かりやすい中身としては、例を挙げるとまっとうな査定士を育むための検定を行っており、査定協会が実施する学科や技法の研修を受けてもらい、そして「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録が必要になり、健全な知識や義務でもってお客さんの車の評価をするのです。言い換えると適正な査定を出すための資格を有している人間が評定を行いますので、消費者も不安なく下取または買取に車を出すことが可能となるのです。